運営委員会

みずすましネットワークは、各みずすまし推進協議会の代表や学識経験者、NPO等の代表で構成する運営委員会を設けています。

■みずすましネットワーク 会則■

(設置)
第1条 環境に調和した農業の推進と琵琶湖の環境保全に資するため、農村地域における水質および生態系・景観の保全を目的とするみずすまし構想の理念に基づき、農村環境保全の実践活動(以下「環境保全活動」という。)に取り組む地域住民を支援するため、環境保全活動に対する助言及び情報の提供・収集や地域が必要とする取り組みへの支援及び参加を目的とした、「みずすましネットワーク(以下「みずすましネット」という。)」を設置する。
(会員等)
第2条 みずすましネットは、次に掲げる者をもって構成する。
 (1) 各みずすまし推進協議会
 (2) みずすまし構想の理念に基づいた実践活動を行う団体(NPO等)
 (3) みずすまし構想の理念に基づいた実践活動を行う学校等教育機関
 (4) 地域の取り組みへの参加を希望する個人
 (5) 行政等(滋賀県土地改良事業団体連合会、市町、県等)
(みずすましネットへの登録)
第3条 みずすましネットへの登録は次に掲げるとおりとする。
 (1)みずすましネットへ参加を希望する者は(別紙1)の様式により「会員」登録するものとする。
 (2)「会員」登録者の中で、各地域が必要とする農村環境保全活動に参加を希望する者(サポーター)は、(別紙1)の様式により「サポーター」登録を併せておこなうものとする。
(活動)
第4条 第1条の目的を達成するための諸活動を実施する。
 (1)年1回程度、各地域の農村環境保全活動を推進するための意見や情報の交換を目的とした交流会等の開催
 (2)各地域の活動団体への農村環境保全活動に関する助言、情報の提供
 (3)サポーターへの各地域の活動団体が必要としている内容に関する情報の提供
 (4)各地域が必要とする農村環境保全活動へのサポーターの参加
(役員)
第5条 みずすましネットには、次の役員をおく。
 (1)代表  1名
 (2)副代表 1名
2 代表は、運営委員会で選出する。
3 副代表は、代表が指名する。
(役員の職務)
第6条 代表はみずすましネットを代表し、会務を統括する。また、代表は運営委員会の委員長を兼務する。
2 副代表は、代表を補佐し、代表に事故のあるとき、または代表が欠けたときは、その職務を代行する。
(運営委員会)
第7条 みずすましネットには、運営委員会を設置する。
2 運営委員会は、次に掲げる者をもって構成する。
 (1) 代表
 (2) 各みずすまし推進協議会の代表
 (3) みずすまし構想の理念に基づいた実践活動を行う団体(NPO等代表)
 (4) みずすまし構想の理念に基づいた実践活動を行う学校等教育機関代表
 (5) 行政等代表
 (6) みずすましセンター代表
 (7) その他運営委員会で承認された者
3 運営委員は、別途定める運営委員選出規定により、初回に限り事務局が選出する。
 以降の運営委員への就任は、運営委員会で承認される。
 
4 運営委員会は代表が召集し、代表または代表が指名するものが議長を務める。
 
5 運営委員長は、毎年1回の定例運営委員会を開催する。また、必要に応じて、臨時運営委員会を開催することができる。
 
6 運営委員会は、運営委員の過半数の出席をもって成立する。ただし、事前に運営委員が全権を委任した代理人が出席する旨、議長に申し出た場合は、代理人を運営委員とみなす。
 
7 運営委員会の議事は、出席運営委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
 
8 運営委員会は、次に掲げる事項について審議する。
 (1)事業計画および事業報告に関する事項
 (2)事業実施に関する重要な事項
 (3)みずすましネットの会則等に関する事項
 (4)みずすましネットの解散に関する事項
 (5)会員や活動団体から寄せられる意見の検討及び活動への反映に関する事項
 (6)その他みずすましネットの運営に関する重要な事項
 
9 代表は、運営委員会を召集するいとまがないと認めるときは、その議決すべき事項について専決することができる。
 
10 代表は、前項の規定により専決をしたときは、その内容について次の運営委員会において報告しなければならない。
(事務局の役割)
第8条 みずすましネットの事務局は、滋賀県土地改良事業団体連合会内の滋賀県みずすましセンターに設置し、みずすましネットの活動や運営に関することをとりおこなう。
附 則
この会則は平成20年3月19日から施行する。 

top